FC2ブログ

子供の力

先週お休みだった子は元気になりました先週元気だった子がインフルエンザでお休み
しばらくこんなかんじで続いていくのでしょうこれだけ流行っていると防ぎようがありませんよね。
症状が軽く済む事を願うしかありません。

最近、身体の調子があまり良くなくて整体やマッサージに行きましたが、念のため病院に行ってきました。
首、腰、股関節のレントゲンを撮ってもらいました。首と股関節には以上なく痛みの症状から腰だけは後日MRIを撮ってみたほうが良いとの事でした。ヘルニアの疑いがあると・・・
ショックです。腰そのものの痛みというより、脚の痛みや違和感が気になっていたのですが、これがヘルニアの症状だそうで
しかし、整形外科は混んでますね・・・それだけ痛みを抱えている人がいるという事なんでしょう。


現在、子供のクラスは児童2クラスのみです。このうち小学3~6年正のクラスの時間をのばそうかと考えています。1時間では収まりきらず、いつも最後はバタバタしてしまっています。
子供達の集中力も途切れないので来年辺りから延長する方向で考えています。

今まで別のお教室で習っていた子も多くいますが、どうしても指導法に疑問を持たずにはいられません。
子供達は頑張っています。何も悪くないんです。問題は指導法・・・
形やステップを教える事がバレエではありません。跳んだりまわったり、脚をあげるだけなら体操で十分だと思います。始めが肝心です。何でも、基礎なくして応用がきくのか??
他のお教室に比べると運動量は少なくなるかもしれませんが、その分身体の中心を意識出来る様に(軸をつくる)身体の深層筋をとことん使える様に指導しています。
そのお教室、それぞれに指導方針もあるでしょうしその先生の進め方や信じるものがあるのでしょう。
何も否定はしません。その先生が良いと思えばその先生に就けば良いのです。
ただ、今まで多くの先生とお会いしてきてお話させていただいて、また実際に指導してきた中で”これだ!!”という指導方を行っています。

子供だから難しい説明なんかしても伝わらない。なんて事ないんです。難しい説明でも実際に触れたり動かしたりする事で難しい説明を子供なりに理解しようとしてくれる!
何でも否定から入ってはいけない。出来る!やれる!と信じて進めなければ子供の可能性を広げる事は出来ません。
大人が驚くような力を子供達はもっていますからねぇ~羨ましい

たまには子供の立場になって指導するように心がけています。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)